マーケティングリサーチとは|実施フローや注意点を解説

公開日:2021/11/30 最終更新日:2022/02/22

マーケティングリサーチとは|実施フローや注意点を解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングリサーチとは、企業のあらゆるマーケティング課題に対して、有効な施策の意思決定をサポートするための「調査・分析」のことです。

企業のマーケティング活動では次のような課題があります。

・どんな人、どんな会社をターゲットにすべきか?
・自社のサービスはどんな点が評価されているか?
・自社のサービスと他社のサービスのイメージは何が違うのか?
・実施した施策の効果はどの程度?
・今の商品で改善したほうが良い点は?

上記のような課題は企業活動全体の課題とも捉えることができ、それを解決するための助けとなるマーケティングリサーチは、企業にとって非常に重要な存在です。

今回は、企業活動において重要な存在であるマーケティングリサーチの役割や手法、マーケティングリサーチを実施するフローについて紹介していきます。

マーケティングリサーチの役割

マーケティングリサーチの役割は様々ですが、マーケティング施策を成功させる確率をあげることが、主な役割とされます。

具体的には誰に、何を、どのように届けるかということを考えるときに、「勘」に頼るのではなく、マーケティングリサーチを行いデータを取ります。データを得ることによって、勘だけではなく、客観的なデータとあわせて施策を考えられるようになることで意思決定にいかせます。

マーケティングリサーチの手法

マーケティングリサーチには目的に応じて大きく「定量調査」と「定性調査」の2つに分けられます。

■定量調査

・アンケート表を作成し、回答してもらう形式。
・結果を数値や量などの定量データで把握し集計・分析をする調査
・1人1人の回答結果よりも、全体としての傾向をするもの

具体的な手法:インターネット調査、HUT、会場調査、郵送調査

■定性調査

・インタビューや行動観察を通して質的なデータを取得する形式。
・数値や量では表現が難しい行動データや感情、言葉などのデータを把握し分析する手法
・全体としての傾向よりも、1人1人の考えや意識、気持ちを探るもの

具体的な手法:デプスインタビュー、グループインタビュー

マーケティングリサーチを行う際には、それぞれの調査の特徴を理解し、目的に応じた調査を選ぶ、または複数組み合わせて行うことが大切です。

マーケティングルリサーチの実施フロー

ここからは具体的にマーケティングリサーチを実施する流れを紹介します。

大きな流れは次のとおりです。

  1. 調査目的の決定
  2. ターゲット、手法、調査内容を決定
  3. 調査票作成~実査
  4. 集計分析

それぞれに段階について詳しく解説します。

調査目的の決定

まずは調査をする目的を明確にします。

・とりあえず調査をとってみたい
・データがあれば何かに活用できそうな気がする

といった曖昧な目的で調査をすると、費用も時間も無駄になってしまいます。

調査データを取得する前には、マーケティング課題において

・どんな仮説があり
・調査結果としてどのようなデータがほしいのか

を明確にしましょう。

ここまで設定ができれば調査内容がブレることなく、調査会社に依頼できるようになります。

ターゲット、手法、調査内容を決定

調査目的が明確になったら

・誰に(対象者条件)
・どのような方法で(調査手法)
・何を(調査項目)

聞くかを決めます。

先程紹介したようにマーケティングリサーチの手法は様々です。誰に何を聞きたいのかによって、取るべき手法も変わってきます。

対象者の条件を決める際に、対象者によって必要なサンプルサイズ(何人分のデータを集めるか)も決めます

サンプルサイズが多ければいい調査になると言うわけではありません。予算、目的に応じた形で必要なサンプルサイズを決めるようにしましょう。

調査票作成~実査

ターゲットや手法・調査内容が決まったら、調査項目を聞く順番や聞き方を考え、調査票(アンケート票)を作成します。

調査票を作成するときには

・回答しやすい順番になっているか
・バイアスを避けた設計になっているか
・誤認しない文章になっているか
・抜け漏れはないか

といった点に注意しましょう。
自分ではわかりやすい、回答しやすいと思っていても、初見の方にとっては分かりづらい可能性もあります。

調査票を作った場合は、自分以外の誰かに確認をしてもらい、上記の点を確認するようにしましょう。

集計分析

調査票を作成し実査が完了したら、集めたデータの集計・分析を行います。集計・分析方法は多岐に渡ります。欲しいアウトプットにあわせて必要は手法を選び分析を行いましょう。

まとめ

ここまでマーケティングリサーチとは何なのか、役割や手法、実施方法について解説してきました。

マーケティングリサーチを実施する上で最も大切なことは目的です。目的が明確になれば、目的にあわせた手法や調査項目、ターゲットなど、調査に必要なものが見えてきます。

目的さえ明確になっていれば、自分たちですべてをやる必要はなく、マーケティングリサーチ会社に依頼をし、最適な方法や調査内容、分析を提案してもらうこともできます。必要に応じてマーケティングリサーチを行う会社に依頼をし、マーケティング活動に活かしてください。

最後に宣伝ですが、弊社でも、マーケティングリサ―チのノウハウやリソースをフル活用して、実施後のマーケティングコミュニケーションやプロモーションまでを見据えた、ワンストップでのマーケティングリサーチを支援しています。

ご興味のある方は、ぜひお気軽に以下のURLよりご質問やお見積り依頼などのお問合せください。

▼お問合せ・ご質問・お見積りなどはこちら▼

関連サービスのご紹介

マーケティングリサーチ

クライアント様の知りたい情報や課題を「分かる化します」

マーケティング部門・新規事業の担当者様を中心に事業のお手伝いを行なっております。

詳しくはこちら

お電話でお問合せ

03-6826-6560

お問合せ・見積もり依頼

お問合せ・見積もり依頼

サービス資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード